sfais

公益財団法人
仙台応用情報学研究振興財団

MENU

2022.01.05

仙台鼎談会「日本の未来は仙台から ー先端技術と文化による都市モデルづくりー」のお知らせとオンライン参加申込み

仙台応用情報学研究振興財団×東北大学知の創出センター連携企画
仙台鼎談会「日本の未来は仙台から -先端技術と文化による都市モデルづくり-」

新型コロナウィルス感染症により、地域の生活や経済が一変してきました。新たな日常のなかで、感染症の克服と経済活性化の両立という視点から、東京圏への一極集中からの脱却と危機に強い地方経済の構築を目指す動きが活発になっています。東北大学と仙台市が協働し、「日本の未来は仙台から」をキーワードとして、デジタル先端技術を活用した、人の幸せを大切にするwell-being な都市モデルづくりを目指しています。コロナに強いレジリエントな社会環境整備、文化を大切にする豊かなまちづくり、消費・投資の促進などについて、地方創生の戦略を産官学の立場から討論をいたします。

■日時:2022年2月5日(土) 13:30-17:00
■視聴方法: 
①ライブビューイング視聴※第1部と第2部の両方をご視聴頂けます。  
会場:エル・パーク仙台(仙台三越定禅寺通り館 6Fギャラリーホール))[アクセス]
②オンライン配信(YouTubeLive)※第1部はオンラインではご視聴いただけません

■内容:
【第1部】13:30-14:40 コンサート
13:30-13:50 一般社団法人ミュージックプロデュースMHKSによる演奏会
演奏者 フルート 櫻井 希  ピアノ 田原 さえ
13:50-14:00 休憩 
14:00-14:40 ピアノコンサート 
演奏者  山岸 ルツ子

14:40-15:00 休憩 

15:00-15:10 開会挨拶 野口 正一(公益財団法人 仙台応用情報学研究振興財団 理事長)

【第2部】15:10-17:00 鼎談会
15:10-17:00 鼎談会「日本の未来は仙台から-先端技術と文化による都市モデルづくり」

■鼎談登壇者:
郡 和子(仙台市長)
藤原 洋(一般財団法人 インターネット協会理事長、ブロードバンドタワー代表取締役 会長兼社長 CEO)
青木 孝文(東北大学 理事・副学長(企画戦略総括・プロボスト・CDO))

■申込:必要(参加費無料(エル・パーク仙台の定員は120名程度となります))
※申し込みフォームに必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。参加登録された方には、2月1日(火)までに当日のご案内を差し上げます。

■お申し込みはこちらのホームページからお願いいたします
URL:http://www.tfc.tohoku.ac.jp/tfcfund/2021/dhfs/20220205_event.html

■参加申込期限:2022年1月28(金)17:00

■主催:
・公益財団法人 仙台応用情報学研究振興財団
・東北大学 研究推進・支援機構 知の創出センター
・東北情報通信懇談会

■共催:
・一般財団法人インターネット協会 OIC
・一般社団法人 東北IT産業推進機構
・仙台市

■後援:
・一般社団法人ミュージックプロデュースMHKS
・東日本電信電話株式会社 宮城事業部

■問い合わせ先:
東北大学 研究推進・支援機構知の創出センター 担当:古賀・前田
Email: tfc_webinar2★grp.tohoku.ac.jp【★を@に変更してください】